ちっぽけな世界の片隅で。