• WEB限定
  • 連載中

【単行本版】夢見る編集者と無気力小説家

新人編集者の宮本眩星は憧れの作家「梶浦 光」の担当になった。 梶浦の繊細でいて温かく、かつ壮大なファンタジー小説が幼い頃から大好きだった眩星は、初日の仕事場挨拶に胸を高鳴らせて挨拶に向かった。 けれど、眩星が勝手に想像していたイメージとは異なり、梶浦は粗雑な38歳バツイチ男だった。 ショックを隠せない眩星とそんなことは知らんこっちゃない梶浦。 すっかり小説への意欲が削げている梶浦に、もう一度あの時の気持ちと作品を取り戻してもらおうと奮闘する。 「願えば夢は叶うと言いながら 燃えて尽きる流星はなんて無責任だと気付いてしまった」 コミックス版では、描き下ろし漫画を収録! そして、電子限定ペーパー特典付き!

【単行本版】夢見る編集者と無気力小説家
作家名
出版社
詳細閉じる
ピッコマ

アプリをダウンロードすると
より豊富な作品を楽しめます!

Download on the App Store GET IT ON Google Play

TOP