異世界温泉であったかどんぶりごはん
  • 5話分無料
  • 連載中

異世界温泉であったかどんぶりごはん

いいね19,157

幼い頃に異世界トリップした真嶋恵理三十歳。 トリップ以来、恩人とその息子を支えようとアラサーになるまで最強パーティ「獅子の咆哮」で冒険者として頑張ってきた、が……その息子に「ババァ」呼ばわりされたので、冒険者を辞めることにした。 「これからは、好きなことをやろう……そう、この世界に米食を広めるとか!」 ただ異世界の米は長粒種(いわゆるタイ米)。 「食べやすいようにどんぶりにしてみようか」 食べた人をほっこり温める、異世界あったかどんぶりごはん屋さん、開店です!

異世界温泉であったかどんぶりごはん
作家名
出版社
もっと見る閉じる

6~50

1

  • 最初から
  • 最新巻から

62

  • 最初から
  • 最新話から
ピッコマ

アプリをダウンロードすると
より豊富な作品を楽しめます!

無料アプリダウンロード

  • App Store
  • Google Play
  • QRcode

Top

Top