お嬢様、「ご奉仕メイド」にシてやるよ
  • 巻読み
  • 連載中

お嬢様、「ご奉仕メイド」にシてやるよ

いいね25

「あなたは買われたのです。今日からメイド見習いになっていただきます」花嫁修業の女学院卒業式の日、亜沙子(あさこ)を黒塗りの車で迎えにきたのは、見知らぬ若い男・奏(かなで)だった。令嬢は、父の負債のカタに買われて、メイド訓練の館に強制入寮させられたのだ。現れた女経営者は、主人の命令とあらばいつでもその身を差し出せるよう、処女を捨てろと命じる。奏が「検品」に名乗りを上げ、皆の前で有無をいわさず胸をはだけさせる。「私は早坂(はやさか)財閥の娘よ。下がりなさいったら……あッ、やっ、だめぇ……!」抵抗も空しく、侍女にも触れさせない部分を舌で愛撫され、やがて――。

お嬢様、「ご奉仕メイド」にシてやるよ
作家名
出版社
もっと見る閉じる

1

  • 最初から
  • 最新巻から
ピッコマ

アプリをダウンロードすると
より豊富な作品を楽しめます!

無料アプリダウンロード

  • App Store
  • Google Play
  • QRcode

Top

Top