いろはむらさき
  • 巻読み
  • 完結

いろはむらさき

いいね0

吉原で本屋を営む蔦屋重三郎は、のちの喜多川歌麿となる絵師・北川豊章を知人から紹介される。しかし、それは湯屋で重三郎の下駄を盗んでいった「変人」だった。稀代の出版人・蔦重と、彼に見出された気韻生動の絵師・歌麿。 二人の男は情熱を分かち合う相棒となり、江戸に新しい文化を芽吹かせていく――。

いろはむらさき
作家名
出版社
もっと見る閉じる

3

  • 最初から
  • 最新巻から
ピッコマ

アプリをダウンロードすると
より豊富な作品を楽しめます!

無料アプリダウンロード

  • App Store
  • Google Play
  • QRcode

Top

Top