邪魔者のようですが、王子の昼食は私が作るようです
  • 巻読み
  • 連載中

邪魔者のようですが、王子の昼食は私が作るようです

いいね50

幼馴染のソウンディク王子に話しかける少女。その姿は、公爵令嬢ナターシャの前世の記憶を呼び起こした。その上、彼女から投げかけられた言葉は――「うわ。悪役令嬢」それって私のことよね。っていうかここは、乙女ゲーム? ロマンス小説? 一体どの作品の世界なの!? 大混乱のナターシャは婚約者であるソウのため、何とか身を引こうとするのだが……!? 料理上手の転生悪役令嬢×幼馴染の王子様が繰り広げる溺愛ファンタジーラブロマンス!

邪魔者のようですが、王子の昼食は私が作るようです
作家名
出版社
もっと見る閉じる

1

  • 最初から
  • 最新巻から
ピッコマ

アプリをダウンロードすると
より豊富な作品を楽しめます!

無料アプリダウンロード

  • App Store
  • Google Play
  • QRcode

TOP