ビタミンMOEKO
  • 巻読み
  • 完結

ビタミンMOEKO

いいね0

聖城医科大学2年の萌子は、大変名誉ある学長賞をかけて、人口50人の虹島の竹崎医院での半年研修に出される。船で着いた虹島は思いの外田舎すぎ、竹崎医院はボロすぎ、出鼻をくじかれる。が、竹崎がオペをしたという患者の様態を見てみると、この上ない腕を持った外科医であったことが分かる。こんな小さな島で医院を開くより、都会で活躍するべきだという萌子に、島民は猛反発。そして、竹崎がなぜ、この島で医院を開業しているかという秘密にせまる!?

ビタミンMOEKO
作家名
出版社
もっと見る閉じる

1

  • 最初から
  • 最新巻から
ピッコマ

アプリをダウンロードすると
より豊富な作品を楽しめます!

無料アプリダウンロード

  • App Store
  • Google Play
  • QRcode

TOP