ハダカの恋しよ?
  • 完結

ハダカの恋しよ?

いいね605

「口止め料、ちょうだい?」ハダカの秘密を握られてキスを迫られる!?不本意なのに…どうしてこんなにドキドキするの…?——引っ越し初日、ガス工事の手続きを忘れていた為、近所の銭湯に行くことになった灯。そこで番台をしていたのは、同い年くらいの男子・陽だった。少し気まずく思いながらも着替えていると、事故で陽にハダカを見られてしまう!ショックを受ける灯だが、銭湯に行かなければ二度と会うことなんてないと割り切ることに。しかし翌日、転入先のクラスメイトに陽がいて…!?私の学校生活どうなっちゃうの!?

ハダカの恋しよ?
作家名
出版社
もっと見る閉じる

3

  • 最初から
  • 最新話から
ピッコマ

アプリをダウンロードすると
より豊富な作品を楽しめます!

無料アプリダウンロード

  • App Store
  • Google Play
  • QRcode

TOP