秘する蜜は罪の匂い
  • 巻読み
  • 完結

秘する蜜は罪の匂い

いいね0

「覚えとけ…おまえは俺のもんだ……。おまえの体に最初に入ったのは俺だってな……。」深窓の令嬢・ひな子は、過去に大きな秘密をかかえている。それを誰にも明かせないまま、強引でオレ様な年下の使用人・冬吾と、体を重ねている。お屋敷の一室で…学校で…。刹那的で激しい愛にふける2人は…!?刑部真芯が描く、秘密とエロスが交錯する官能ストーリー!

秘する蜜は罪の匂い
作家名
出版社
詳細閉じる

1

  • 最初から
  • 最新巻から
ピッコマ

アプリをダウンロードすると
より豊富な作品を楽しめます!

Download on the App Store GET IT ON Google Play

TOP