• 完結

私はまだそれを知らない

「ねぇ、おじさま。高校生の男の子が知らないコト、もっと教えてくれませんか――?」この世の中は、男と女しかいないので意外と簡単に出来ている。そう思って生きてきた。あなたに出逢うまでは――。喜多川龍生さん、40歳。何の仕事をしているのかもわからない。色仕掛けも、ワガママも通用しない。どうやったら、この想いが本気だって、わかってもらえますか――?杏奈、16歳。禁断の、初恋。

私はまだそれを知らない
作家名
出版社
詳細閉じる
ピッコマ

アプリをダウンロードすると
より豊富な作品を楽しめます!

Download on the App Store GET IT ON Google Play

TOP