鎌倉の呉服屋『花びし屋』の娘であるひとえは、家業を継ぐ気はなく着物にも興味がない。しかし父が倒れたことでしぶしぶ店を継ぐことになる。慣れない着物に不満がいっぱいのひとえは、番頭の直哉からお説教を受けてばかり。直哉に反発するものの、やがて着物の美しさに気づきはじめたひとえは……。表題作を含む全4編を収録。

詳細閉じる
ピッコマ

アプリをダウンロードすると
より豊富な作品を楽しめます!

Download on the App Store GET IT ON Google Play

TOP