• 完結

殺風景な午後

美しい青年、アーサー・ヘンドリックスには、アブノーマルな趣味があった。彼は自宅の壁一面の巨大水槽で泳ぐ飛び魚のエカテリーナを偏愛し、彼女と愛の生活を送れないものかと常々心を砕いていた。やがて、そんな彼の周囲からは、ノーマルな友人たちは離れて行き、逆にアブノーマルな人間ばかりが引き寄せられて…。『おいしい愛の生活』。橋本多佳子の殺風景な小噺集。

殺風景な午後
作家名
出版社
詳細閉じる
ピッコマ

アプリをダウンロードすると
より豊富な作品を楽しめます!

Download on the App Store GET IT ON Google Play

TOP