• 完結

ピンクのカサのノスタルジア

入学したてで右も左もわからない、小学一年生のあたし「和泉綾」。 ボスザルみたいなけいた君に、 「元幼稚園児の子たちは、元保育園児の子と仲良くするな」なんて言われちゃったけど。 あたし、友だちがいない。 どうしよう……。 雨の日に、一人で帰ろうとしていたあたしの前に現れたのは、琥珀色の目の男の子――。 初めてランドセルを背負って校門をくぐった、あの頃を思い出してみませんか? ほんのり初恋、ノスタルジックな短編です。 ※投稿小説サイトで公開中の同名の小説を、同作者がコミカライズしました。

ピンクのカサのノスタルジア
作家名
出版社
詳細閉じる
ピッコマ

アプリをダウンロードすると
より豊富な作品を楽しめます!

Download on the App Store GET IT ON Google Play

TOP