ライアンが町に戻ってきたと知りジャナは動揺した。16歳の頃、ライアンに想いを募らせたジャナは衝動のまま彼を求めた。ところが彼のおじに見つかり、その剣幕に怯えたジャナは「ライアンに誘われたの」と嘘をついてしまったのだ。彼は勘当され町を去った。それからジャナは彼の人生を壊してしまったと自らを罰し、自分を抑えて暮らしてきた。再会したライアンに見つめられ、ジャナの胸は締めつけられる。ダメ。私にはもう彼を愛する資格なんてないのに――。

詳細閉じる
ピッコマ

アプリをダウンロードすると
より豊富な作品を楽しめます!

Download on the App Store GET IT ON Google Play

TOP