編集者・間宮由成の元に届いた一枚の葉書は、高校時代の同級生・嘉島慶吾からのものだった。胸によみがえるのは淡い憧れと、彼の家庭を壊してしまったという罪の意識。十年の歳月を経てもなお切なさに心揺れる由成の前に、当の嘉島が現れて囁く――「間宮は、俺には逆らわないだろ?」――あえなく囚われ、激しい愉悦に堕ちてゆく由成だが……?

詳細閉じる
ピッコマ

アプリをダウンロードすると
より豊富な作品を楽しめます!

Download on the App Store GET IT ON Google Play

TOP