小さなペンションを下宿屋として切り盛りすることになった水貴。兄のような拓也が傍にいてくれて心強く思うが、そんな拓也からいつもより過剰なスキンシップとともに積年の想いを告げられ、困惑するまま断ってしまう。新しい住人からも熱い視線を送られたりする一方、いつしか水貴は拓也との何気ない接触にばかりドキドキするようになって……?

詳細閉じる
ピッコマ

アプリをダウンロードすると
より豊富な作品を楽しめます!

Download on the App Store GET IT ON Google Play

TOP