敵王子への『贈り物』にされた亡国の王女。 全てを諦め、素肌を晒すも、王子は囁く。 「君のことが好きなようだ。恋人にしよう」 強張る身体を蕩かす、細やかな愛撫。 昼も夜も、鏡の前でまで、愛され尽くし ついには求婚の言葉まで……! 私は敵国の王女──結婚の資格なんて無い。 けれど王子は、求婚を受けいれるまで、 性技を駆使して責め続けると宣言!? 超テクニシャン王子の快感vフルコース!

詳細閉じる
ピッコマ

アプリをダウンロードすると
より豊富な作品を楽しめます!

Download on the App Store GET IT ON Google Play

TOP