• WEB限定
  • 連載中

【単話】猫、22歳

「これは、躾だからな?」ある日やってきたのは、ひとりの『猫』だった――小説家の昇平のもとに、姉が連れてきたのは22歳の甥・志朗。しかし、彼は四つんばいで歩き、猫用の皿からミルクを飲み、「にゃー」と鳴く。なんの前触れもなく「そう」なったという彼を預かることになった昇平だったが…。

詳細閉じる
ピッコマ

アプリをダウンロードすると
より豊富な作品を楽しめます!

Download on the App Store GET IT ON Google Play

TOP