• 連載中

死神さんに口づけ

4年付き合い、結婚目前だった彼を知らない女に寝取られた小山田睦。 「睦なら強いから大丈夫」そう彼にいわれ、頭にきた睦は一生忘れられないように自殺をすることを決意。しかし、うまくいかず、プロに頼むことにした。睦が訪ねたのは「便利屋サカキ」。おもてでは何でも屋を謳っているが、その実は裏社会の殺し屋。依頼の相談に訪れると思ったより若い、ピアスにボサボサの髪をした男性が現れた。 「殺してほしい相手は?」と問われ、「私です、私を殺してください」と答える睦。躊躇する榊に睦は現金1千万円を差し出す。「これで契約成立だな」と依頼を承諾する榊。そんなことをしている間に、依頼が舞い込む。ちょっと手伝えといわれ、なぜか猫の捜索をすることにーーー!?

死神さんに口づけ
作家名
出版社
詳細閉じる
2
ピッコマ

アプリをダウンロードすると
より豊富な作品を楽しめます!

Download on the App Store GET IT ON Google Play

TOP