• 完結

その愛しき花の名は(単話版)

「気がついたら 君だけを見ていた」銀座の老舗のカフェバー・ブルーメはごく一部のお客様にだけ特別に開かれる扉がある。そこで働く椿は、常連の薫に気に入られ、ある日、交際を申し込まれる。ひとまずデートをすることになったけれど、薫を待っていたところ突然酔っぱらいに絡まれてしまう椿。すると薫が現れ助けてくれたが、同時に彼が久宝グループの財閥の御曹司ということがわかり…!? 愛は格差を越える!? 1杯のコーヒーが繋ぐ現代版シンデレラストーリー! ※この作品は「無敵恋愛Sgirl 2019年1月号」に収録されております。重複購入にご注意下さい。

その愛しき花の名は(単話版)
作家名
出版社
詳細閉じる
ピッコマ

アプリをダウンロードすると
より豊富な作品を楽しめます!

Download on the App Store GET IT ON Google Play

TOP