マンダリンにとって隣人のカウボーイ、カールソンは苦手なタイプだった。大柄で黒い髪に人を見透かすような瞳をもつ、粗野な男性だからだ。そして一番の問題は、なぜか彼にセクシーさを感じてしまうから…。ところがある日、カールソンはマンダリンにマナーのレッスンを申し込んできた。レディの扱い方を教わりたいと言うのだ。都会で育ち、上品で美しいマンダリンは、いやいやながら引き受けることになる。彼はどんな女性のために変わろうとしているの…?

詳細閉じる
ピッコマ

アプリをダウンロードすると
より豊富な作品を楽しめます!

Download on the App Store GET IT ON Google Play

TOP