「彼女に結婚式を台なしにされてたまるものか」マルコの声がサロンの高い天井に響いた。ミラノで有名デザイナーとして名を馳せ、公爵家令嬢との結婚を2か月半後に控えている。ところが別れた妻ペイトンが、突然サンフランシスコからやってきたのだ。ペイトンの目的は、娘たちをマルコに託すこと――二度と戻らないと誓ったミラノを再び訪れなければならなかった彼女の事情…それは、亡き母と同じ不治の病に侵されているという残酷な宣告を受けたからであった――。

詳細閉じる
ピッコマ

アプリをダウンロードすると
より豊富な作品を楽しめます!

Download on the App Store GET IT ON Google Play

TOP