魔王学院の不適合者

魔王学院の不適合者

圧倒的な力で無双する主人公を楽しみたい方へ送る、転生魔王の学園ライフストーリー。

かつて人間との間に起きた戦争を沈めるべく、己の力を全て使いはたし眠りについた「魔王」の始祖アノス・ヴォルディゴード。

しかし、眠っている2000年の間に、何者かの手によって歴史が改ざんされてしまい、自分の存在の記録を失う。いったい誰がなぜ改ざんしたのか、その謎を探るべく、仲間たちとともにあらゆる障害を乗り越えていく。

俺には知らぬことが二つある。後悔と不可能だ。


自分を元々存在しないものと告げてきた友人、ミーシャを抱き寄せながら告げる。

俺はかつて暴虐の魔王と呼ばれ恐れられた存在、そして、いまこの時代を統べる魔王の始祖。

「姉と仲直りがしたい」という願いを叶えることなど造作もない。たとえそれが、この世の掟に逆らうことであったとしても…

2000年の時を経て眠りから覚めた主人公アノス・ヴォルディゴードは、魔族でなく人間の子供として転生した。そして、招待状を受け取ったことを理由に、魔皇を育成するための学校「デルゾゲート」へ入学する。

しかし、入学試験の結果、圧倒的な力を有するにも関わらず魔皇として「不適合」と判断されてしまい、魔王候補の特待生ではなく、一般生徒として学校へ通うことになった。


そこでアノスは、同じく一般生徒で友人となるミーシャに出会った。

彼女は、かつてアノスに使えた魔族の末裔である。大人しく口数は少ないが、強い魔力を持っている。

ミーシャには姉がいた。名前はサーシャ。

破滅の魔眼の持ち主で、目で直視したものを壊すことができる。

自信家でプライドが高い。

学院の特待生であり、ミーシャ以上の魔法の使い手でもある。


二人は元々仲の良い姉妹だった。

しかし、二人にかけられている魔法が原因で、関係に溝ができていた。


その魔法とは、アノスに使えていた魔族によって二人が生まれる前にかけられた「分離」魔法である。

つまり、もともとサーシャとミーシャは同じ存在であり、ミーシャはサーシャの「分離体」として生まれたのである。

そして、15歳の誕生日に二人は一人へと再び融合する。その時、分離体であるミーシャの存在はこの世から消えてしまうのだ。

まもなく二人に訪れる15歳の誕生日。

妹を救いたいサーシャは、融合する際にミーシャではなく自分が消えるよう術を組み替えるため、あえてミーシャから嫌われるよう振る舞う。

自分を拒絶させることで術式が完成するようにしたのだ。

しかし、それでもミーシャが自分を嫌わないため、どうしようもない悲しみと苦しみが二人の間に横たわっていた。


二人を救うにはどうすれば良いか、アノスには一つ思い当たる方法があった。

少々面倒なことになる可能性もあるが、自分の力をもってすれば何も問題はない。

最期まで明日があると思って生きよ。

なぜなら俺は、アノス・ヴォルディゴードだ!


そして、二人は融合に備えて術式を用意するサーシャのもとへ向かうのであった。

果たして、アノスはどんな方法を用いるのか、そして二人を悲しみの運命から解き放つことができるのか。史上最強と言われた魔王の始祖の力をどうぞ本編でご覧あれ。


©Shu イラスト:しずまよしのり

ピッコマ

アプリをダウンロードすると
より豊富な作品を楽しめます!

Download on the App Store GET IT ON Google Play

TOP